よくあるご質問・相談

事務所において問合せ件数の多かったものを中心に掲載しております。

業務相談につきまして

Q1初回相談のための料金は有料ですか。

A1初回相談料は無料です。お気軽にご相談ください。


Q2すぐに相談したいが対応してもらえますか。

A2土日や早朝、夜であっても時間の都合がつけば可能です。また、ご相談する場所は、基本的にはご指定の場所で構いません。適宜対応させていただきます。


Q3契約までの流れはどうなっていますか。

A3初回相談をし、提供するサービスや顧問報酬などについて両者で合意をした後に、契約書を締結致します。それ以降、サービス提供を開始致します。


Q4顧問報酬やその他委託業務の報酬はいくらですか。

A4顧問契約は御社の規模(=売上高)を基礎に事前に見積もりを提案した上で、業務を開始致します。また、その他の一時的な委託業務についても内容を確認の上、見積もりを提案させていただきます。見積もりを提示していない場合にはその業務についての料金はいただきません。


Q5そもそも税理士に業務を頼む必要があるのですか。

A5ご自身で全ての事務手続きを処理されるのであれば、税理士に頼む必要はないと思います。ただし、これは費用対効果の観点から判断すべきであると思います。税理士に外注すれば経理に割くべき時間を他の業務に割くことができますし、また適宜最適な節税の恩恵をうけることができます。つまり、本業に専念することによって獲得できる利益と外注コスト(=税理士報酬-節税額)を比較して、税理士に頼むかどうか選択すべきかと思います。


Q6既に、顧問税理士いるが、相談にのってくれますか

A6まずは、その税理士さんと現状の問題点について相談してください。それでもなお解決しないのであれば、当事務所にご相談ください。


事務所の体制につきまして

Q1会計ソフトを使用して記帳を自前でしているが顧問契約を結べますか。

A1ご自身で経理している場合であっても、記帳代行以外のサービスについて提供させていただきます。また、ご自身の事業にふさわしい会計システム構築についてのご相談も受け付けております。


Q2訪問の頻度はどれくらいになりますか。

A2ご希望に合わせますが、毎月から年1回まで適宜対応させていただきます。急な訪問にも応じております。また、当事務所では、メールでのご相談にも対応しております。これにより、実際に訪問しなくても相談や質問がしやすい環境を整えております。


Q3顧問契約とは何ですか。

A3顧問契約は当事務所からの税務や会計などのアドバイスを提供するための契約です。会計は会社の実態を表す鏡です。顧問契約を結ばれているお客様に対しては、この会計データを分析して発見した会社の問題点などについて、適宜アドバイスさせていただきます。


Q4なぜ顧問契約するのですか。

A4長期的な視点で対応していなければ、最善な節税アドバイスはできません。当事務所では、記帳代行などの事務処理の請負だけではなく、税務的なアドバイスをすることでより付加価値の付いた情報をお客様に提供することをモットーとしております。そのため、顧問契約を締結させていただいております。


業務の内容につきまして

Q1決算、申告書作成のみの業務も委託できますか。

A1条件が合致すればお引き受けさせていただきます。会計処理の仕方や資料の保管状況などを確認し、受託できると判断した場合にはお受け致します。


Q2税務調査の立会いはしてくれますか。

A2別途料金が発生いたしますが、原則的に顧問契約を締結されているお客様には、立会いをさせていただきます。


Q3決算対策をしてくれますか。

A3当事務所では、税務の観点から適切になるよう決算業務を行います。また、ご依頼に応じて税効果会計といった大企業及びその子会社に求められる高度な決算についても適宜対応致します。


Q4記帳代行を委託している場合、業績結果はいつ教えてくれますか。

A4月次決算の報告については、原則的に記帳に関する資料をいただいてから1週間以内に報告させていただきます。


Q5会社設立をサポートしてくれますか。

A5実務的なサポートはもちろんさせていただきます。また、手続き的な部分についても当事務所と提携している司法書士がサポート致します。


Q6節税のアドバイスをもらえますか。

A6はい。顧問契約の一環として節税のアドバイスをさせていただきます。節税は税理士によって能力に差がでる業務であり、当事務所ではここに重点をおいております。担当者からはお客様に合った節税プランを随時提案させていただきます。


Q7経理事務の省力化について相談にのってくれますか。

A7事務手続きをどこまで省略できるかは会社の実態に応じて様々です。御社の状況にあったプランを提案させていただきます。


Q8個人の確定申告もおこなってくれますか。

A8個人事業主の方、また不動産や株式を譲渡した方など様々な方の確定申告も作成しております。


Q9毎月の訪問時には何をしてくれますか? 

A9:毎月の訪問時には、主に次のような業務を行います。 

・経理書類、記帳内容のチェック 

・月次決算内容に関する報告 

・会計や税務に関する相談、対策の検討 

・決算対策、節税対策 

・その他経営に関する相談、対策の検討 

・財務面から見た経営状況の報告とアドバイス 

・内部管理用の会計資料の作成支援 

・経営計画策定支援とアフターフォロー 

・事業承継対策 

・行政機関に提出する申請書や届出書の作成代行 

・生命保険のクリアランス(見直し) 

なお、当事務所では、お客様の置かれている状況に応じたサービスの提供を心掛けています。従って、訪問時に提供するサービスはお客様のご要望に合わせて変更することが可能です。



報酬・対応規模の内容につきまして

Q1経営状況が厳しく、顧問税理士さんに顧問料の値下げをお願いしましたが、希望額とはかなりの開きがあります。t当事務所ではどの程度まで対応してもらえますか? 

A1:お客様に対してどれくらいの報酬でどれくらいのサービスを提供できるかは、当然事務所によって違ってきます。

お客様の会社規模や予算・仕事への要望等、具体的にお聞かせいただければ、お見積もりしますので、一度メールにてお問い合わせください。

お見積もりの結果、ご契約いただいたお客様も少なくありません。  


Q2どのくらいの規模の会社を対象としていますか?

A2:現在は、個人事業から売上規模40億円、従業員数100人規模の会社様と顧問契約をしております。


Q3税理士事務所の職員ではなく、税理士に直接対応して欲しいのですが可能でしょうか。 

A3:当事務所では、担当職員が入力や記帳チェック等を行いますが、ご来所時の対応や巡回監査は税理士が実施いたします。


その他のご質問

Q1私は一般の会社員で、事業主ではないのですが、税理士・税理士事務所を紹介してもらえますか? 

A1:はい、もちろん可能です。 

副業をされている方や、固定資産をお持ちの方など、確定申告が必要な立場におられる方は、経営者でなくても税理士・税理士事務所との契約が必要になる場合があります。

特定のケースにおいて豊富な実績を持つ税理士を紹介することも可能ですので、当事務所までお気軽に、ご相談の内容をお申しつけください。


Q2日常は自社で経理していますが年一回決算申告業務だけを依頼できますでしょうか。

A2:法人の場合、当事務所では、年1回のみのご契約は承っておりません。決算時だけのご契約の場合、十分なサービス提供ができないためです。